ホテルより格安で泊まれる民泊を予約してみよう

格安民泊も予約サイトを通せば安心して泊まれる

ロゴ

新たなシェアリングサービス

最近はさまざまなシェアリングサービスが増えていて、注目を集めていますが民泊もそのひとつです。民泊といっても賃貸住宅などの空室を利用して宿泊してもらうサービスが増えてきています。これが通常のホテルよりも使いやすいと話題になっています。ここから詳しく解説していきます。

民泊の特徴

1.料金プランが豊富

格安の物件から高級な物件まで様々な料金プランがあります。格安なプランだとホテルよりもかなり安い料金で一日過ごす部屋を借りることが可能となっています。もちろん高級な物件を借りたい方は費用に合わせて選ぶことが可能となっています。

2.物件数が豊富

たくさんの観光客が訪れるような観光地のだと、ホテルの空きがなく泊まる所がないなんてことがよくあります。ですが民泊は物件数が豊富です。なので、ホテルが満室だったとしても民泊は空いていることが多いです。予約が取れなかった時の心配などが無くなります。

3.現地住民のような生活ができる

現地の人が実際に住んで生活している場所に滞在します。なので、観光地としての一面だけではなく生活感を感じることが出来ます。現地住民と同じような生活をすることが可能です。

4.さまざまな体験が出来る

自宅の一室を民泊として貸し出している場合は、大家さんと直接会うことになります。なので大家さんが普段体験できないようなことを、体験させてくれるプランなどもあります。農家だと農業体験や、現地の料理を作ったりなど一味違った旅をしたい方におすすめです。

5.交流が出来る

現地の人が生活している環境に身を置きます。なので、宿泊している家族をはじめ近所の方や同じ家に宿泊している方などさまざまな方とコミュニケーションが取りやすいです。ドミトリータイプだと旅人といろんな会話を楽しむことも出来ます。

ホテルより格安で泊まれる民泊を予約してみよう

田舎

安全性は大丈夫?

個人の家に泊まるルームシェアタイプは、安全性について不安を感じる方がいます。家主と個人でやりとりをしていると安全性について保障は出来ません。ですが予約サイトを仲介して宿泊する場合は、安全性が高いといえます。予約サイトに登録されていても不安に感じる方は、民泊のFacebookやホームページ、口コミなどを確認してみましょう。

3つのタイプがある

民泊のシステムは、大きく3つに分けることが出来ます。ひとつはルームシェアタイプで、もうひとつがドミトリータイプです。ルームシェアタイプはその名の通り誰かが住んでいる家に泊まります。ですがドミトリータイプは空いている賃貸物件などに複数の宿泊者が泊まります。そして最後に最近人気が高まってきている、一組で1つの物件を借りるタイプです。

支払い方法

自分で直接民泊に予約をとる場合は、家主に対して直接お金を支払います。個人間でお金のやりとりが発生するのでトラブルの心配がついてきます。決済方法は基本的に直接手渡しか銀行振込です。予約サイトを仲介すると支払に関するトラブルの心配は無くなります。また、決済方法もクレジットカードに対応しているので便利です。

広告募集中